鳴-naru-

奏-kanade-のシンプルな構成ながらも良い部分を継承したモデル鳴-naru-です。

 

低音の間につけられている仕切りがハの字につける事により、多彩な音色の変化や低音のタイトさは残しつつ従来のカホン奏法がプレイし易くなっています。鳴-naru-独自の特徴として和太鼓の様な響きと少しローパス気味のレトロなサウンドを特徴をとしています。

 

【スペック】

■打面:国産 シナ合板、ステンレス製スナッピー
■内部:逆V字型力木
■背面:通常サウンドホール、シナ合板
■横板:ローズウッド単板
■塗装:シェラックニス塗装
■サイズ:約H450×W300×D300

■価格:25,000円 (税別)

 

  • 鳴の打面

    鳴の打面内部は逆V字型の仕切りが入っており、打点を上げながらもスラップし易くなってます。

  • 鳴の背面

    鳴の背面この価格帯でローズウッドとショラックニス塗装は他では見ることが出来ません。

  • 打面ポジション

    打面ポジションポジションイメージです。

Copyright (c)

川本楽器工房

All Rights Reserved.